出版物
出版物
単行本
生活研ブックス
研究報告書
民主党への提言

単行本

グローバル対話社会 -力の秩序を超えて-

遠藤誠治・小川有美編

 アメリカによる「単独行動主義」と「グローバル化」によってもたらされる矛盾と癒着からどのようにして対話に基づくグローバル社会を展望し実現するのか、その役割と可能性を考える。

明石書店刊 / 四六版252頁
本体価格 3,000円
(税込3,150円)

本書の内容

第1章 序 分断された世界と対話に基づく世界秩序/遠藤誠治

第2章 北東アジアの地域安全保障とミサイル問題 ―地域ミサイル管理を構想する/黒崎 輝

第3章 EUにおける国境と文明の境界 ―越境し対話する空間へ/上原良子

第4章 ヨーロッパ社会モデルの現在と対話的グローバル・社会秩序/野田昌吾

第5章 グローバリゼーション時代のNGO・市民社会のアドボカシー活動―開発と貧困をめぐって/高柳彰夫

第6章 社会的紐帯の政治哲学 ―トクヴィルを中心に/宇野重規

第7章 グローバル化からグローバル対話社会へ/小川有美

あとがき



注文方法

インターネットで申し込む

申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。

電話・FAXで申し込む

TEL:03-3253-3772 FAX:03-3253-3779

  • 生活研会員ならびに月刊誌『生活経済政策』定期購読者の方には、本書を2割引(税込・送料別)にてお分けいたします。お申し込みは生活研まで。