出版物
出版物
単行本
生活研ブックス
研究報告書
民主党への提言

単行本

労働と福祉国家の可能性;労働運動再生の国際比較

新川敏光・篠田徹編

 世界経済、雇用・就業の流動化と不安定化は、各国に社会的セーフティネットの張り替えを要請している。本書では、先進経済諸国の労働運動の現状、社会的連帯を俯瞰し、その再生の試みのなかに福祉国家のオルタナティブを探る。

ミネルヴァ書房
本体価格 3,800円
一般書店にてお買い求め下さい。

本書の内容

序章  21世紀型労働運動を展望する(新川敏光)

第1章 日本の労働政治(中北浩爾)

第2章 日本の労働運動(鈴木玲)

第3章 韓国労働運動の展開と限界(磯崎典世)

第4章 現代アメリカ労働運動の歴史的課題(篠田徹)

第5章 カナダの労働運動と第四の道(新川敏光)

第6章 オーストラリアの労働運動、労使関係と福祉国家(杉田弘也)

第7章 イギリスの労働と福祉国家(今井貴子)

第8章 フランス労働組合と団体交渉・社会保障(松村文人)

第9章 ドイツの労働運動と政治(安井宏樹)

第10章 オランダの労働運動(水島治郎)

第11章 イタリアの労働政治(伊藤武)

第12章 スペインの社会的協調と福祉国家(横田正顕)

第13章 スウェーデンの福祉国家と労働運動(宮本太郎)

第14章 ヨーロッパ化する労働運動(小川有美)

第15章 新段階へ向かう国際労働運動(小川正浩)

終章  幾つもの労働運動再建物語(篠田徹)

本書は生活研自主研究プロジェクト「比較労働運動研究」の成果物です。



注文方法

インターネットで申し込む

申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。

電話・FAXで申し込む

TEL:03-3253-3772 FAX:03-3253-3779

  • 生活研会員ならびに月刊誌『生活経済政策』定期購読者の方には、本書を2割引(税込・送料別)にてお分けいたします。お申し込みは生活研まで。