研究会一覧

研究計画と研究実績一覧
研究会一覧
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
1999年度
1998年度
1997年度
1996年度
1995年度
1994年度

2013年度の研究計画と研究実績一覧

日本における復興のあり方についての研究会

年度 自主研究/継続
主査 大沢真理 東京大学教授
委員 池田恵子 静岡大学教授、今井 照 福島大学教授、岩﨑 忠 自治総研研究員、高端正幸 新潟県立大学准教授、萩原久美子 下関市立大学教授、李 善姫 東北大学東北アジア研究センター専門研究員、皆川満寿美東京大学社会科学研究所研究員 
事務局 大門正彦 生活研専務理事、福田直人 生活研研究員(2015年3月まで)、草間裕子 生活研研究員(2015年4月から)
研究要旨 東日本大震災からの復興支援の前提として、原発立地や東京一極集中に象徴される地域格差の拡大、それを前提とした平成の自治体合併などで、東北の各地域、とりわけ三陸沿岸がどのように経済的・財政的に疲弊させられてきたかということについて改めて検証しつつ、今後の地域再生のあり方を展望します。

「民主党再建」プロジェクト

年度 委託研究/終了
総括 住沢博紀 日本女子大学教授
政治部門研究会
主査 山口二郎 法政大学教授
委員 遠藤誠治 成蹊大学教授、高安健将 成蹊大学教授、武田宏子 東京大学特任准教授、中北浩爾 一橋大学教授、堀江孝司 首都大学東京教授
事務局 大門正彦 生活研専務理事、福田直人 生活研研究員(2015年3月まで)、草間裕子 生活研研究員(2015年4月から)
政策部門研究会
主査 大沢真理 東京大学教授
委員 駒村康平 慶応大学教授、宮本太郎 中央大学教授
事務局 大門正彦 生活研専務理事、福田直人 生活研研究員(2015年3月まで)、草間裕子 生活研研究員(2015年4月から)
研究要旨

「生活者」「勤労者」の立場を代表する中道リベラル政党の再興が必須であるとの観点から、当面、その母体となるべき民主党の再生をめざして、政治部門と政策部門に分けて、民主党の再生に向けた課題や、今後取り組むべき政策等への対応について、次代を担う若手政治家と研究者の議論を中心に研究し、最終的に提言をまとめます。