月刊誌紹介

月刊誌紹介
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年

2006年の「生活経済政策」のご案内(No.108~No.119

生活経済政策 2006年12月号(No.119)

特集 安倍政権を問う

  • 新保守主義としての安倍政治―/金子勝教授に聞く
  • 安倍「教育改革」で危機は深まる―/佐藤学教授に聞く
  • 安倍自民党の支持基盤構築戦略/中北浩爾

明日への視角

  • 生活公共論のすすめ/住沢博紀

「良い社会をつくる公共サービスを考える研究会」最終報告

  • 良い社会の公共サービスを考える―財政再建主義を超え、有効に機能する「ほどよい政府」を―(下)
    稲沢克祐/佐藤学/神野直彦/辻山幸宣/坪郷實/沼田良/堀越栄子/間宮陽介/宮本太郎/小川正浩

はんかく・はんすいじ

  • 法人税率引き下げ論の愚

生活経済政策 2006年11月号(No.118)

特集 メディアと政治

  • インフォテイメント化時代のテレビと政治/谷口将紀
  • マスコミへの反感に支えられるネット世論/鈴木謙介
  • 匿名性にゆれる韓国のネット文/玄 武岩

明日への視角

  • 市民社会の活性化/坪郷實

「良い社会をつくる公共サービスを考える研究会」最終報告

  • 良い社会の公共サービスを考える―財政再建主義を超え、有効に機能する「ほどよい政府」を―(上)
    稲沢克祐/佐藤学/神野直彦/辻山幸宣/坪郷實/沼田良/堀越栄子/間宮陽介/宮本太郎/小川正浩

論文

  • 「偽装請負」を超えた雇用格差の解消を/小林良暢

翻訳 ヨーロッパ労働市場の柔軟化(下)

  • マリア・イェプセン/アンドリュー・ワット訳=小川正浩

生活経済政策 2006年10月号(No.117)

特集 ヨーロッパ労働組合運動の動向

  • 労働時間延長をめぐるドイツの労使交渉―公務部門の動向を中心に―/久本憲夫
  • フランス労使関係の動向/松村文人
  • イギリス労働組合運動の現状/小笠原浩一
  • EU一般労使協議指令の実施状況/濱口桂一郎

明日への視角

  • 言論の終焉/山口二郎

論文

  • 過大都市を考える―ストックホルムの混雑税実験とヨーテボリの公共交通―/星野 泉

翻訳 ヨーロッパ労働市場の柔軟化(中)

  • マリア・イェプセン/アンドリュー・ワット訳=小川正浩

はんかく・はんすいじ

  • 最後の最悪の行為が、一番はじめの行為のすぐあとに続いたなら

生活経済政策 2006年9月号(No.116)

所長職を汚すに際して

  • 神野直彦

特集 人口減少社会は危機かチャンスか

座談会

  • 大淵寛/原田泰/駒村康平

明日への視角

  • 市民から庶民へ?/間宮陽介

論文

  • 格差社会における貧困の固定化と社会福祉―スウェーデンの失敗―/宮寺由佳

講演

  • 住宅政策の新たな展開/本間義人

翻訳 ヨーロッパ労働市場の柔軟化(上)

  • マリア・イェプセン/アンドリュー・ワット訳=小川正浩

はんかく・はんすいじ

  • 「政府が小さい国」ほど「貧困率」が高い

生活経済政策 2006年8月号(No.115)

特集 脱「貧困・格差社会」をめざして(下)

  • 所得格差・貧困の動向とセーフティネットの役割(2)/駒村康平
  • 階層化社会と教育―平等主義政策への回帰を―/宮寺晃夫
  • 社会的包摂政策を推進する欧州連合―そのプロセスと課題―/福原宏幸

明日への視角

  • 小泉改革の罪―消える、生命愛しむ心―/阿部知子

論文

  • あたりまえのデモクラシーという「ぜいたく」
    ―2006年4月のイタリア総選挙と中道左派政権の課題としての「正常化」―/村上信一郎

翻訳 イギリスにおける労働組合と政府間関係の変容

  • D.マーシュ/H.サヴィングニー 翻訳=今井貴子

書評

  • 大沢真知子著『ワークライフバランス社会へ』/松信ひろみ

生活研通常総会

  • 生活研の2006年度事業計画と新役員体制

生活経済政策 2006年7月号(No.114)

特集 脱「貧困・格差社会」をめざして(上)

  • 小泉構造改革と社会的リスクの地域間格差/下平好博
  • 格差社会を超えて/大沢真知子
  • 所得格差・貧困の動向とセーフティネットの役割
    ―日韓における状況を中心に―(1)/駒村康平・金明中

明日への視角

  • 医療崩壊を防ぐ決断/山井和則

講演

  • 「生活研・憲法研究会報告」について/杉田 敦

翻訳 サンディカリズムからシアトルへ―階級とアイデンティティ・ポリティクス―(下)

  • ヴェリティ・バーグマン 訳=安藤丈将・栗原 康

シリーズ 労働組合の産業・公共政策 その9

  • ブロードバンド・ユビキタス時代の情報通信政策
    ―BB政策研究会における議論の概要について―/吉原泰典
  • 公共放送の公共性を担保するために/岡本直美

書評

  • 鈴木玲・早川征一郎編著『労働組合の組織拡大戦略/篠田 徹

生活経済政策 2006年6月号(No.113)

特集 「不安社会」考

  • 現代技術に潜む不安要因―原子力と鉄道と航空の事例分析―/桜井淳
  • アスベスト問題は終っていない/古谷杉郎
  • 狂牛病を見る眼―狭い視野でのリスク論争からの脱出を/北林寿信

明日への視角

  • 「近代化」をめぐる時代転換の様相/山口定

連載 労働組合の戦後日米関係史(下)

  • ケネディ・ライシャワー路線とは何か/中北浩爾

翻訳 サンディカリズムからシアトルへ ―階級とアイデンティティ・ポリティクス―(上)

  • ヴェリティ・バーグマン =訳 安藤丈将・栗原康

翻訳 英国労働党:ポスト「第三の道」の模索 コンパス(Compass)結成宣言(下)

シリーズ 労働組合の産業・公共政策 その8

  • モノづくり基盤を支える人材に光を当てる/本多康浩
  • 国民の側に立った“自らの事業改革"に向けて/細井重雄

総目次

  • 2005年6月号(No.101)~2006年5月号(No.112)

生活経済政策 2006年5月号(No.112)

特集 「市民社会民主主義」をめぐって

『市民社会民主主義への挑戦』出版記念シンポジウム報告
「加速する競争社会と公正―日欧政治の比較から」

  • 「市民社会」、「社会民主主義」、そして「民主主義」/宇野重規
  • 公共性を担うのは誰か/水島治郎
  • 多様性が求められる社会の平等/鈴木謙介

明日への視角

  • ケア労働と公共サービス/久場嬉子

連載 労働組合の戦後日米関係史(中)

  • アメリカの反総評工作の実態/中北浩爾

翻訳 英国労働党:ポスト「第三の道」の模索 コンパス(Compass)結成宣言(上)

書評

  • アマルティア・セン著/東郷えりか訳『人間の安全保障』/山本武彦

新刊案内

  • 生活研ブックス23『憲法研究会報告』
  • 生活研ブックス24『21世紀社会民主主義 第8集―日本における社会民主主義の可能性―』

生活経済政策 2006年4月号(No.111)

特集 広がる社会的企業の可能性

  • 日本における社会的企業の発展と課題/富沢賢治
  • 日本における社会的経済の可能性と現実性:社会的運動の再定義から/花田昌宣
  • 世界における社会的経済―現状と多様性/ティエリィ・ジャンテ

明日への視角

  • 不況脱出のリスク負担とゼロ金利/大内秀明

連載 労働組合の戦後日米関係史(上)

  • 総評の結成と左傾化の裏側/中北浩爾

論文

  • 台頭するインド経済―発展のポテンシャルとボトルネック/岡橋秀典

研究報告

  • 公共サービスの再生と刷新で「不安社会」からの脱却を

シリーズ 労働組合の産業・公共政策 その7

  • 加速度的に進む規制緩和、今労組に求められるもの/溝上一生
  • 国民が安全・安心して暮らせるために……/河田伸夫

書評

  • ブルーノ・アマーブル著/山田鋭夫他訳『五つの資本主義』/筆宝康之

新刊案内

  • 生活研ブックス23『憲法研究会報告』
  • 生活研ブックス24『21世紀社会民主主義 第8集―日本における社会民主主義の可能性―』

生活経済政策 2006年3月号(No.110)

研究報告

  • 生活研・憲法研究会報告

明日への視角

  • ネオ革新への期待/篠原一

特集 市民参加のまちづくり

  • 市民参加のまちづくりの課題と展望/松尾匡
  • 市民自治をめざして/福嶋浩彦
  • 団塊の世代はもう一度輝けるか/坂田道夫
  • 「佐原まちぐるみ博物館」―佐原おかみさん会 彼女たちの200日―/椎名喜予

論文

  • 都市が壊れていく―耐震設計偽装に見る「政策犯罪」/本間義人

翻訳 ヨーロッパの移民政策:社会民主主義にとっての難題(下)

  • サラ・スペンサー

シリーズ 労働組合の産業・公共政策 その6

  • 建設業における技能労働者育成のために/勝野圭司
  • 安全・信頼の回復をめざして/待鳥康博

書評

  • 高橋伸彰著『グローバル化と日本の課題』/山家悠紀夫

盛況のシンポジウム

生活経済政策 2006年2月号(No.109)

特集 2006年度予算の分析と問題点

  • [総論] 大幅な国債減額と本格的な増税待ちの財政健全化/町田俊彦
  • [各論I] 負担増の口火を切った2006年度税制改正/片桐正俊
  • [II] 国債抑制・基礎的財政収支なお赤字/江川雅司
  • [III] 社会保障予算―強い自然増圧力と医療制度改革による給付の削減/小林 仁
  • [IV] 重みを増してきた次世代育成関連の経費/関口 浩
  • [V] 改革の進展が焦点の特別会計・財政投融資/浅羽隆史
  • [VI] 切り詰められる地方財政と分権改革のゆくえ/兼村高文

明日への視角

  • 社会的影響力の再構築/岡部謙治

シリーズ 労働組合の産業・公共政策 その5

  • 安心・安全・安定の持続可能な地域社会を実現する/大門正彦
  • 地域社会における公共交通の再生/松尾誠二

新刊案内

  • 『市民社会民主主義への挑戦』/山口二郎・宮本太郎・小川有美編

生活経済政策 2006年1月号(No.108)

特集 「小さな政府」論批判

  • 日本の目指す「ほどよい政府」への道/神野直彦
  • 日本の「小さな政府」を考える/田中信孝
  • 公務員‘特権階級'たるべからず/宮﨑伸光

巻頭言

  • 「明日への視角」/大内 力

翻訳 ヨーロッパの移民政策:社会民主主義にとっての難題(上)

  • サラ・スペンサー

シリーズ 労働組合の産業・公共政策 その4

  • 社会に共感され、期待される労働運動をめざして―情報労連21世紀デザイン―/城戸正己

書評

  • 久保文明著『米国民主党―2008年政権奪回への課題』/中野博文

新刊案内

  • 『市民社会民主主義への挑戦』/山口二郎・宮本太郎・小川有美編

シンポジウム案内

  • 「加速する競争社会と公正―日欧政治の比較から―」