月刊誌紹介

月刊誌紹介
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年

2020年の「生活経済政策」のご案内(No.276~

生活経済政策 2020年10月号(No.285)

明日への視角

  • 批判の資格/杉田敦

特集 新聞にできること ー 安倍長期政権終焉後の課題

  • はじめにーニュース空間への統制と社会の質/萩原久美子
  • 広がるファクトチェック報道/滝本匠
  • メディア不信に向き合う/日比野敏陽
  • いま新聞に何が求められているのか―コロナ報道分析からの考察/瀬川至朗
  • 新聞はどこへ行くのか―メディアの氾濫、情報管理の世界で/山田健太

連載 日本社会のこれまで・いま・これから[6]

  • 個人のcapacityか大学のcapacityか/本田由紀

書評

  • 佐藤 優・山口二郎著『長期政権のあと』/大門正彦

生活経済政策 2020年9月号(No.284)

明日への視角

  • コロナ後の住まい/木村陽子

特集 新型コロナをきっかけに持続可能な社会を考える

  • [特集解題]新型コロナをきっかけに持続可能な社会を考える — SDGs、ESG投資、企業のステークホルダーの変化を手掛かりに/駒村康平
  • ステークホルダー資本主義と持続可能性/野崎浩成
  • サーキュラー・エコノミーとESG投資/伊藤宏一
  • プラットフォーム協同組合主義とコモンウェルスの未来/伊丹謙太郎

連載 アジアと福祉国家[6]

  • コロナ危機のなかの韓国 — 社会保障制度の限界と新しい政策構想としてのベーシックインカム/金成垣

書評

  • 井手英策著『欲望の経済を終わらせる』/劉佳

生活経済政策 2020年8月号(No.283)

明日への視角

  • コロナ危機と気候危機/坪郷實

特集 公共崩壊~自治体はくい止められるか

  • はじめに/杉浦浩美
  • 公共領域の崩壊—「構造改革」からアベノミクスへ/森裕之
  • 種子法廃止、種苗法改定で自家増殖一律禁止 — 脅かされる食の安全と地方からの抵抗/山田正彦
  • 日本の水道事業における官民連携の現況と展望/宇野二朗
  • 非正規公務員の現場で起きていること — 働き手の視点から/瀬山紀子
  • 再公営化という選択—世界の動き/岸本聡子

連載 Brexit とソーシャル・デモクラシーの行方[5]

  • イギリス労働党の再出発—その険しい道のり/今井貴子

書評

  • 駒村康平 編著 『社会のしんがり』/菊池馨実

生活経済政策 2020年7月号(No.282)

明日への視角

  • コロナ対応と政府・政治への信頼/住沢博紀

特集 危機の中で財政を考える

  • はじめに/星野泉
  • コロナ後の「財政の自治」再考 — 税源偏在是正、課税自主権、地方交付税/倉地真太郎
  • 少子化からの脱却で真の財政再建を/中村稔彦
  • 申請主義と財政教育 — 税と申請を権利として捉えるために/掛貝祐太
  • 自治体における財源確保策としてのふるさと納税/神野浩明

投稿論文

  • 再分配の規模の観点からみた福祉国家と信頼の関係 — レビューとデータ分析/武川正吾/角能

連載 財政を「共同の財布」に[5]

  • コロナ禍から、その先へ―「債務国家」への道?/高端正幸

書評

  • 石塚史樹・加藤壮一郎・篠田 徹・首藤若菜・西村 純・森 周子・山本麻由美著
    『福祉国家の転換―連携する労働と福祉』/浅井亜希

生活経済政策 2020年6月号(No.281)

明日への視角

  • 災害と国家責任/高木郁朗

特集 官僚制批判を超えて

  • はじめに/辻󠄀由希
  • 官治・ネオリベ・危機—「リベラル」の苦境/野口雅弘
  • 破綻の危機に瀕する行政機構 — 最近の文部科学行政の諸問題を切り口に/寺脇研
  • 統治機構改革と官僚制—政治主導は正しかったか/田中秀明
  • 官僚の不祥事はなぜ起きるのか—人事行政の課題から考える/出雲明子
  • 現代アメリカにおける官僚制の統制とその課題/菅原和行

連載 日本社会のこれまで・いま・これから[5]

  • 日本国憲法における「教育を受ける権利」と政府の義務/本田由紀

書評

  • 本田由紀著『教育は何を評価してきたのか』/柳煌碩

生活経済政策 2020年5月号(No.280)

明日への視角

  • 市民にとって望ましい社会とは?/禿あや美

特集 解散権

  • はじめに/高安健将
  • 日本国憲法における衆議院の解散の「生理」と「病理」/岡田信弘
  • 英国の議会解散権と民主主義/田中嘉彦
  • カナダの解散権—連邦制と立憲君主制のはざまで/岡田健太郎
  • フランスの解散実例は「なぜ」少ないのか/糠塚康江
  • イタリアにおける議会の解散権/池谷知明
  • ロシア連邦の半大統領制と国家院/立石洋子

連載 アジアと福祉国家[5]

  • 広がる「福祉国家的ではないもの」その2/金成垣

書評

  • 水島治郎編『ポピュリズムという挑戦ー岐路に立つ現代デモクラシー』/吉田徹

生活経済政策 2020年4月号(No.279)

明日への視角

  • プログレッシブな連帯を/中野晃一

特集 子ども子育て支援新制度で幸せか?

  • はじめに/萩原久美子
  • 子ども・子育て支援新制度は子どもたちの危機を救えるのか — 子ども・子育て会議の中間総括に関連して/櫻井慶一
  • 最近の保育法制度改革について/田村和之
  • 保育制度「改革」と幼児教育・保育の「無償化」/逆井直紀
  • 「保育」の公共性再考—倫理的・政治的実践としての保育をつくる/塩崎美穂
  • 新制度後の沖縄/二宮千賀子・山野良一

連載 Brexit とソーシャル・デモクラシーの行方[4]

  • 2019年総選挙とイギリス政治の再編/今井貴子

書評

  • 金子 勝・大沢真理・山口二郎・遠藤誠治・本田由紀・猿田佐世 著『日本のオルタナティブー壊れた社会を再生させる18の提言』/劉佳

生活経済政策 2020年3月号(No.278)

明日への視角

  • 中・東欧諸国の過疎化/木村陽子

特集 ヨーロッパ左翼の現在—台頭する左派ポピュリズム

  • 冷戦後ヨーロッパの左翼政党—ルーク・マーチによる比較分析/中北浩爾
  • ドイツ左翼党—政党政治再編成の中での新たな役割/小野一
  • スウェーデンの左派政党—社民党・左翼党・環境党の関係を中心に/渡辺博明
  • フランス左翼の危機—変革へのオルタナティブは存在するのか?/畑山敏夫
  • イタリア左翼政党の現在/池谷知明
  • スペインとポルトガルの左翼政党—危機の中での再生?/武藤祥

連載 財政を「共同の財布」に[4]

  • (続)何が嫌税感を生み出すのか/高端正幸

書評

  • 田中辰雄・浜屋敏著『ネットは社会を分断しない』/堀江孝司

生活経済政策 2020年2月号(No.277)

明日への視角

  • 原発は要らない/高橋伸彰

特集 2020年度政府予算の分析と課題

  • [総論]「全世代型社会保障」への転換と防衛費増額/町田俊彦
  • [各論Ⅰ]成長力強化重視の2020年度税制改正/片桐正俊
  • [各論Ⅱ]財政再建下での新規国債発行減額とPB赤字増額の意味/江川雅司
  • [各論Ⅲ]15か月予算で景気を下支えする公共事業予算/浅羽隆史
  • [各論Ⅳ]社会保障関係予算の伸びの抑制と消費税増収分の活用/吉岡成子
  • [各論Ⅴ]地方財政対策 危機に立つ地域への対応/星野泉
  • [特論Ⅰ]中長期的にみた令和2年度予算/関口浩
  • [特論Ⅱ]財政健全化はどう予算に盛り込まれたのか/兼村高文

連載 日本社会のこれまで・いま・これから[4]

  • 理念なき「大学無償化」/本田由紀

書評

  • 情報公開クリアリングハウス編『市民がつなぐ情報公開のこれまで・これから』/大門正彦

生活経済政策 2020年1月号(No.276)

明日への視角

  • 主権者の覚悟/山口二郎

特集 欧州からみた英国のEU離脱問題

  • 特集の「はじめに」に代えて/高安健将
  • 薄れる関心、残る課題—フランスから見たブレグジット/国末憲人
  • ドイツ、イギリス、EU—ヨーロッパ統合史の視座から/板橋拓己
  • 英帝国崩壊の最終過程してのブレグジット — アイルランドからの視座/小舘尚文
  • イタリアとブレグジット—二つのポピュリスト政党を中心に/八十田博人
  • 英国におけるポーランド移民史の評価/宮崎悠

連載 アジアと福祉国家[4]

  • 広がる「福祉国家的ではないもの」/金成垣

書評

  • 山口二郎著『民主主義は終わるのか―瀬戸際に立つ日本』/小川有美