月刊誌紹介

月刊誌紹介
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年

2021年の「生活経済政策」のご案内(No.288~

生活経済政策 2021年4月号(No.291)

明日への視角

  • 「国際女性デー」—教育の世界から変えていくしかない/清水秀行

特集 〈ネット世論〉は政治を動かすか ー ソーシャルあメディアと市民運動

  • はじめに/杉浦浩美
  • 間メディア時代における〈民意〉を考える — オンラインデモは社会を動かすか/遠藤薫
  • ソーシャルメディアの普及は政治とメディアの関係をどう変えるのか?/西田亮介
  • その〈ネット世論〉は民主的ですか?/倉橋耕平
  • 女性議員に対するオンラインハラスメント — 首都圏の女性地方議員の事例を手がかりに/申琪榮/濵田真里

新連載 ことばから現代政治を考える[1]

  • 政治のことばの荒地にて/武田宏子

書評

  • 今井照、自治総研 編『原発事故 自治体からの証言』/大門正彦

生活経済政策 2021年3月号(No.290)

明日への視角

  • 森性差別発言辞任事件/三浦まり

特集 孤独という政策課題

  • はじめに/辻由希
  • 「孤独対策」という政策課題とイギリスの取り組み/濱田江里子
  • 社会問題の表現型としての「孤独死(孤立死)」と、ソーシャルワークへの期待/新田雅子
  • 社会問題としての孤独死と、政策対応の方向性に関する再考/呉獨立
  • 求められる支援のかたち—ひきこもり当事者・経験者の立場から/林恭子
  • 社会的養護のもとで育つ若者の孤立・孤独と参画—ライフチャンスの視点から紐解く/永野咲

新連載 政治用語再考[1]

  • 縦割り/野口雅弘

書評

  • 吉田 徹 著 『アフター・リベラル—怒りと憎悪の政治』/石戸諭

生活経済政策 2021年2月号(No.289)

明日への視角

  • 地方に移住しよう/高橋伸彰

特集 2021年度政府予算の分析と課題

  • [総論]「歯止め」なき財政支出と国債の膨張/町田俊彦
  • [各論Ⅰ]景気対策・成長戦略減税一色の2021年度税制改正 /片桐正俊
  • [各論Ⅱ]コロナ禍の新規国債発行と財政赤字累増の弊害/江川雅司
  • [各論Ⅲ]再び15か月予算を組む公共事業関係費/浅羽隆史
  • [各論Ⅳ]コロナ対応の15か月予算で膨らむ社会保障関係予算/吉岡成子
  • [各論Ⅴ]コロナ禍の中の地方財政/星野泉
  • [特論Ⅰ]新型コロナウイルス感染症蔓延下の財政投融資/関口浩
  • [特論Ⅱ]コロナ対策と2021年度予算/兼村高文

新連載 現代韓国の社会運動[1]

  • 女性運動を支える財政的基盤 —「韓国女性財団(Korea Foundation for Women)」(1)/金美珍

書評

  • 西沢和彦 著『医療保険制度の再構築—失われつつある「社会保険としての機能」を取り戻す』/小塩隆士

生活経済政策 2021年1月号(No.288)

明日への視角

  • 民主主義の回復/山口二郎

特集 若者と政治

  • はじめに/高安健将
  • 政治から切り離される若年非大卒層/吉川徹
  • イデオロギーと若者の置かれている政治的コンテクスト/遠藤晶久
  • 若者の「社会運動嫌い」?—社会運動に対する忌避感とその原因/富永京子
  • 教育における政治的中立性が若年層の政治的態度に及ぼす影響/秦正樹・酒井和希
  • 「政治的に中立でいたい」時代の「政治的なもの」 — マンハイム・シュミット・丸山/野口雅弘

新連載 デンマークの連帯を支える仕組み[1]

  • コロナ禍の財政からみえるもの/倉地真太郎

書評

  • 飯田哲也・金子勝 著 『メガ・リスク時代の「日本再生」戦略 —「分散革命ニューディール」という希望 — 』/劉佳