月刊誌紹介

月刊誌紹介
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年

2010年の「生活経済政策」のご案内(No.156~No.167

生活経済政策 2010年12月号(No.167)

明日への視角

  • 介護保険制度の抜本改革を/横山純一

連載 経済学の流れ[5]

  • 環境政策の流れ/丸尾直美

特集 世界金融危機の現状と懸念

  • ヨーロッパの金融情勢と世界経済/田中素香
  • 債務軽減の視点しかない米金融当局-QE2の傲慢さが世界を破壊する/本山美彦
  • 中国経済:内需拡大と「発展方式の転換」/大橋英夫
  • 世界金融危機の中での日本経済の課題/小峰隆夫

翻訳 欧州社会民主主義のこれから(2)

  • 21世紀における進歩の型-現代の進歩主義思想:あまり代表的ではないあるドイツ人の見方/トビアス・デュル 高津洋平 訳
  • イタリアの荒涼たる状況/マルク・ラザール 安藤裕介 訳

書評

  • 前田和男著『民主党政権への伏流』/村上信一郎

生活経済政策 2010年11月号(No.166)

明日への視角

  • 知識基盤社会の大学/長谷川眞理子

特集 「民意」とは何か—変わる政策決定のかたち

  • 変わる政策決定のかたち—「民意」とは何か/松浦正浩
  • 「民意」と政治—世論調査によって揺れ動く政権/井芹浩文
  • 「事業仕分け」と「民意」/真山達志
  • 審議会システムと「民意」/今井 照

論文

  • 2010年スウェーデン議会選挙—社会民主党の時代の終わり?/渡辺博明

翻訳 欧州社会民主主義のこれから(1)

  • 知的議論と政治的議論/アラン・ベルグニウ高津洋平 訳
  • イギリス労働党の未来/ジョナサン・ラザフォード高津洋平 訳

連載 市民活動から日本の政治をみる[4]

  • 「新しい公共」と市民社会の強化戦略/坪郷 實

生活経済政策 2010年10月号(No.165)

明日への視角

  • 番号と情報は不可分/宮島洋

特集 座談会 好循環社会がめざすもの-新成長戦略と「民主党らしさ」

  • 駒村康平
  • 神野直彦
  • 間宮陽介
  • 濱口桂一郎

連載 経済学の流れ[4]

  • 福祉国家と社会保障制度の流れ/丸尾直美

出版案内

  • 『日本の税制、どう変えるか?』/生活経済政策研究所編
  • 『最低所得保障』/駒村康平編

生活経済政策 2010年9月号(No.164)

明日への視角

  • 勇み肌/野村正實

特集 家族の多様化と家族政策-ケアにかかわる政策とその有効性の検討

  • 家族の多様化と家族政策-家族をめぐるサポート・ネットワークの観点から-/松信ひろみ
  • フランスの育児支援にみる家族像と政策形成の特徴/舩橋惠子
  • -日本社会への示唆-すべての子どもの健やかな発達の保障に必要な家族政策/武田信子
  • スウェーデンにおける高齢者ケア-交錯するフォーマル・ケアとインフォーマル・ケア-/西下彰俊
  • ひとり暮らし高齢者に対する政策課題と方向性/安達正嗣

連載 市民活動から日本の政治をみる[3]

  • 「持続可能な社会」を実現する政策手段/坪郷實

書評

  • 現代生協論編集委員会  『現代生協論の探求〈新たなステップをめざして〉』/大門正彦

生活経済政策 2010年8月号(No.163)

明日への視角

  • 雇用創出は「生きやすさ」づくり/竹信三恵子

特集 幸福社会の再構築

  • GDPと自由時間/中村達也
  • 持続可能な発展から見た幸福社会/諸富徹
  • 幸福追求を可能とする地域社会の創造/草郷孝好

連載 経済学の流れ[3]

  • アメリカ対北欧の成長方式-相違点と共通点/丸尾直美

書評

  • 神野 直彦著『「分かち合い」の経済学』/辻山幸宣
  • 宇野 重規著『〈私〉時代のデモクラシー』/小川有美

出版案内

  • 『最低所得保障』/駒村康平編

生活研の2010年度事業計画と新役員体制


生活経済政策 2010年7月号(No.162)

明日への視角

  • 重税国家のすすめ/馬場宏二

特集

  • 座談会 民主党政権誕生と鳩山政権の8か月
    —その評価と残された課題/住沢博紀/山口二郎/内山融/高安健将

論文

  • 英国2010年5月総選挙
    —政党と社会の結節点の融解?/今井貴子

連載 市民活動から日本の政治をみる[2]

  • 政府改革と国会改革が両輪/坪郷實

書評

  • 諸富徹著『地域再生の新戦略』/高端正幸

生活経済政策 2010年6月号(No.161)

明日への視角

  • 輝く目をしたYさんのこと/木村陽子

特集1 APECと東アジア地域統合

  • 多層化するアジア地域統合の動きと日本/谷口誠
  • アジア太平洋地域に求められるAPECの新機軸/阿部茂行
  • 世界金融危機とアジア金融協力の行方/飯島寛之
  • アジア太平洋地域における「共通の安全保障」秩序の創生—「安全保障共同体」論の視座から—/山本武彦
  • アジア太平洋地域における公正な経済協定の確立に向けて/塩田正行
  • 2010年日本APECの課題と狙い/福永佳史

特集2 国際シンポジウム報告
アクティベーションか、ベーシックインカムか―持続可能な社会構想へ―(その2)

  • アクティベーションと積極的労働市場政策—デンマークにおける変遷/ヨルゲン・グル・アンデルセン 訳 萩原久美子

論文

  • オバマ政権の医療改革/天野拓

連載 経済学の流れ[2]

  • 不況と失業の原因と政策/丸尾直美

書評

経済学の廃墟のなかで、あらためてケインズから何を学ぶことができるか/竹田茂夫

  • ジョセフ・E・スティグリッツ著『フリーフォール』
  • ロバード・スキデルスキー著『なにがケインズを復活させたのか?』

新刊案内

  • 『最低所得保障』駒村康平編

『生活経済政策』総目次

  • 2009年6月号(149)〜10年5月号(160)

生活経済政策 2010年5月号(No.160)

明日への視角

  • 公務員労働者の労働基本権回復と日本の労働運動の発展に向けて/棚村博美

連載 市民活動から日本の政治をみる[1]

  • 政権交代という未完の課題/坪郷實

特集1 民主主義の発展と連立政治

  • 二大政党制とデモクラシー—制度的誤謬の克服に向けて—/吉田徹*
  • 連立政治とその運営—ドイツの場合—/野田昌吾
  • 連立政権と政策空間/竹中佳彦
  • 常態化する連立政治と政権運営/柿崎明二

特集2 国際シンポジウム報告
アクティベーションか、ベーシックインカムか―持続可能な社会構想へ―(その1)

  • アクティベーションか、ベーシックインカムか?/宮本太郎
  • 普遍的ベーシックインカムと福祉国家改革をめぐる緊張関係/ヤニク・ヴァンデルホルヒト 訳 萩原久美子

講演

  • 女性差別撤廃条約30周年と個人通報制度/浅倉むつ子

新刊案内

  • 『最低所得保障』/駒村康平編著

※吉田徹氏のヨシは、士ではなく土


生活経済政策 2010年4月号(No.159)

明日への視角

  • 未来志向の中で/竹内法心

連載 経済学の流れ[1]

  • 循環的に発展する経済学/丸尾直美

特集 新たな公共事業の可能性

  • 公共事業の政治経済学/赤羽隆夫
  • 新しい公共事業としての市民事業/五十嵐敬喜
  • 全流域を視野に入れた治水/高橋裕
  • これからの地域に必要な公共事業/沼尾波子

論文

  • オバマ政権の金融安定化・財政(景気)・産業支援政策 —その成果と今後の課題—/片桐正俊
  • EUの新成長戦略—知的で持続可能で包括的な成長/濱口桂一郎

報告

  • 生活研全国三ブロック公開シンポジウムを終えて/佐口和郎

書評

  • 栗原彬、五十嵐暁郎編『高畠通敏集』/間宮陽介
  • 山口二郎編『民主党政権は何をなすべきか』/住沢博紀

生活経済政策 2010年3月号(No.158)

明日への視角

  • 変革への挑戦 —内なる転換の実践を!—/徳永秀昭

連載 人間性の回復[12](最終回)

  • 終わりの言葉/神野直彦

連載 ピノッキオの眼[12](最終回)

  • 羊の歌/村上信一郎

特集 マニフェスト政治・再考

  • 「マニフェスト政治」の現状と課題/杉田敦
  • 子ども手当から見る日本のマニフェスト政治の課題/丸山桂
  • マニフェスト政治再考:高速道路政策を中心に/武藤博己
  • マニフェスト政治の実態と問題点:農業政策をめぐって/生源寺眞一
  • 日英比較からみるマニフェスト選挙/高安健将

書評

  • 道中隆著『生活保護と日本型ワーキングプア』/駒村康平

生活経済政策 2010年2月号(No.157)

明日への視角

  • 景気後退とメディアと民主主義/井内啓二

連載 人間性の回復[11]

  • 構造的転換への三つの基本戦略/神野直彦

連載 ピノッキオの眼[10]

  • ジャンバッティスタ・ヴィーゴ/村上信一郎

特集 2010年度政府予算の分析と課題

  • 総論 「生活重視型」予算への第一歩、安定的財源確保が中期的課題/町田俊彦
  • 各論I 新たな予算編成と「事業仕分け」/兼村高文
  • 各論II 政権公約財源漁りの2010年度税制改正/片桐正俊
  • 各論III 景気刺激の国債発行と税外収入依存型予算/江川雅司
  • 各論IV 大幅削減の公共事業と主要経費の動向/浅羽隆史
  • 各論V 子ども手当創設等で過去最大規模となった社会保障関係予算/吉岡成子
  • 各論VI 改革の緒についた地方財政/星野 泉

新刊案内

  • 『鳩山政権への提言』『今、なぜ労働運動か』/生活経済政策研究所編

生活経済政策 2010年1月号(No.156)

明日への視角

  • ケインズ革命を超えて—社会的・連帯経済体制の構築/粕谷信次

特集 社会保障制度の再建

  • 座談会 社会保障制度の再建
    —民主党の社会保障政策をどう評価するか/駒村康平、大沢真理、宮本太郎、小塩隆士
  • 「子ども手当」は社会手当か、公的扶助か/阿部彩
  • 政権交代と幼保問題の行方/吉田正幸
  • 総合医制度の定着に向けて/一圓光彌

連載 人間性の回復[10]

  • 有効に機能する財政を/神野直彦

連載 ピノッキオの眼[10]

  • チャタレー夫人の恋人/村上信一郎

新刊案内

  • 『鳩山政権への提言』/生活経済政策研究所編