月刊誌紹介

月刊誌紹介
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年

2009年の「生活経済政策」のご案内(No.144~No.155

生活経済政策 2009年12月号(No.155)

明日への視角

  • 新政権における外国人政策の欠落を憂える/井口 泰

特集 介護保険制定10年の到達点と課題

  • 介護保険法10年、原点にもどって考える/大熊由紀子
  • 介護保険の課題解決に向けて-経営と人材問題を中心に-/藤井賢一郎

論文

  • 2009年ドイツ連邦議会選挙とメルケル中道右派政権の成立/坪郷 實

報告 生活研全国三ブロック公開シンポジウム その3

  • 北海道に明日はあるか? -よりよい社会への多様な処方箋を考える-
    /佐口和郎・吉岡宏高・鈴木 亨・黄倉良二・中島岳志

連載 人間性の回復 [9]

  • 選別主義から普遍主義へ/神野直彦

連載 ピノッキオの眼[9]

  • スローライフのイタリア/村上信一郎

新刊案内

  • 『鳩山政権への提言』/生活経済政策研究所編

生活経済政策 2009年11月号(No.154)

明日への視角

  • 時代が呼び戻した作品/中村達也

特集 地方分権改革の方向と焦点

  • 地方分権をどのようにすすめるか—市町村中心の改革の実現を—/山崎幹根
  • 第2次分権改革と住民自治/人見 剛
  • 「平成の大合併」の終焉と今後の地方分権の課題/横山純一

論文

  • 09総選挙 有権者はどのように選択したのか—「そのつど支持」と政党支持の再編可能性—/松本正生
  • ベーシック・インカム論/橋本 努
  • 連載 人間性の回復 [8]

    • 地方政府の原型/神野直彦

    連載 ピノッキオの眼[8]

    • ジャパン・アズ・ナンバーワン/村上信一郎

     

    生活経済政策 2009年10月号(No.153)

    明日への視角

    • 政権交代の意味/橘木俊詔

    特集 政権交代を政治の転換に

    • 政権交代と政治の交代/篠原 一
    • 座談会 政治の交代と新政権の課題/山口二郎/飯尾 潤/柴田德太郎
    • 抜本的な再構築が必要
      —生活保障システムから見る日本の課題—/大沢真理
    • 熟議による連帯の再構築?
      —米国医療保険改革にみる「対話集会」の可能性—/坂部真理

    連載 人間性の回復 [7]

    • 生命を大切にするヴィジョン/神野直彦

    連載 ピノッキオの眼[7]

    • ピノッキオの冒険/村上信一郎

    書評

    • 坪郷實編著『比較・政治参加』/野田昌吾

    新刊案内

    • 『今なぜ労働運動か』/生活経済政策研究所編

     

    生活経済政策 2009年9月号(No.152)

    明日への視角

    • 内なるジェンダー・バイアスに気づく/浅倉むつ子

    特集 財政政策のパラダイム転換を考える

    • 財政の対立軸/星野 泉
    • 地方分権の財政問題/半谷俊彦
    • 経済のグローバル化と法人税改革/小野島真
    • わが国の教育財政改革と子どもの教育ニーズ/中野英夫

    論文

    • 2009年ヨーロッパ議会選挙の分析
      -3つの「逆説」から読み解くEU政治の展開-/戸澤英典

    連載 人間性の回復 [6]

    • 大流行の現金給付/神野直彦

    連載 ピノッキオの眼[6]

    • 世界共和国へ/村上信一郎

    書評

    • 粕谷信次著『社会的企業が拓く市民的公共性の新次元 増補改訂版』花田昌宣

    生活経済政策 2009年8月号(No.151)

    新所長あいさつ

    • 生活研の出番の時代に/大沢真理

    特集 新しい国際秩序を求めて

    • ポスト・グローバル化時代の経済学/西川 潤
    • 世界秩序再編成の構図
      -政治的リーダーシップと秩序構想-/遠藤誠治
    • 金融危機と国際金融システムの不安定/伊藤正直
    • 国際連帯税とグローバル・ガバナンス/金子文夫

    報告 生活研全国三ブロック公開シンポジウム その2

    • 大阪再生の地域力とは?—よりよい社会への多様な処方箋を考える—/佐口和郎、小倉健宏、中村智彦、早瀬 昇、植田和弘

    明日への視角

    • 裁判員制度は日本の刑事司法を蘇らせるか?/若穂井透

    連載 人間性の回復 [5]

    • 崩壊の歴史に学ぶ/神野直彦

    連載 ピノッキオの眼[5]

    • ニーベルングの指環/村上信一郎

    書評

    • 丸尾直美他『福祉政策と労働市場-変容する日本モデル・スウェーデンモデル』/吉田雅彦

    新刊案内

    • 『労働と福祉国家の可能性 労働運動再生の国際比較』新川敏光/篠田徹編著

     

    生活経済政策 2009年7月号(No.150)

    第150号記念特集 危機と社会民主主義

    • 福祉国家の第三のステージ—ポスト新自由主義の福祉ガバナンス—/宮本太郎
    • 連帯社会への展望—社会的民主主義と組織の役割—/山口二郎
    • 社会民主主義の危機と二つの新しい課題/住沢博紀
    • ポスト資本主義の社会構想と「グローバル定常型社会」—資本主義・社会主義・エコロジーの交差—/広井良典
    • 経済危機下の財政金融政策—有効な景気対策と社会的セーフティネットの拡充—/池上岳彦

    明日への視角

    • 政権交代への視点/佐々木毅

    論文

    • 米国の被用者自由選択法を巡る動向/篠田 徹

    連載 人間性の回復[4]

    • 二つの環境の再創造—貧困克服のアジェンダ—/神野直彦

    連載 ピノッキオの眼[4]

    • ベルルスコーニ廟/村上信一郎

    大内力先生を偲ぶ

    • 大内秀明 柴垣和夫 神野直彦 田辺 誠 蛯名保彦

    新刊案内

    • 『労働と福祉国家の可能性 労働運動再生の国際比較』新川敏光/篠田徹編著

    生活経済政策 2009年6月号(No.149)

    明日への視角

    • 明日に立ち向かう心構え—「草創」と「守成」—/泉田和洋

    連載 人間性の回復 [3]

    • コモンズ破壊の悲劇/神野直彦

    連載 ピノッキオの眼[3]

    • 華麗なるギャッツビー/村上信一郎

    特集 未来志向の産業を

    • 世界恐慌と産業グローバリゼーションの行方/柴垣和夫
    • アジアにおける重層的経済圏と「広域的経済圏」の意義/蛯名保彦
    • 低炭素社会を軸とした新世界秩序形成と日本/蟹江憲史
    • 「介護」は成長産業となりえるか/結城康博
    • 持続可能な企業とグリーン・ジョブ/長谷川真一

    論文

    • 変わる会社法と労働法の関係—市民社会の再構築—/上村達男
    • イギリスの農村地域・農業領域における社会的企業の展開と課題/柏雅之

    ひと・地域・くらし その[12]

    • ソーシャル・キャピタルと労働運動/麻生裕子

    書評

    • 広井良典著『グローバル定常型社会 地球社会の理論のために』/田村哲樹

    新刊案内

    • 『労働と福祉国家の可能性 労働運動再生の国際比較—』 新川敏光/篠田徹編著

    『生活経済政策』総目次

    • 2008年6月号(No.137)~2009年5月号(No.148)

    生活経済政策 2009年5月号(No.148)

    明日への視角

    • オバマは大丈夫か/伊東光晴

    新連載 人間性の回復 [2]

    • 賃金・保障・参加の同権化/神野直彦

    新連載 ピノッキオの眼[2]

    • ゴモラの新自由主義/村上信一郎

    特集 労働・雇用システムのパラダイム転換に向けて

    • 企業の社会的な役割と雇用/武田晴人
    • 若者の雇用問題/野村正實
    • 日本型雇用システムで正規と非正規の均等待遇は可能か?/濱口桂一郎
    • 新しい雇用・労働システムを求めて—日本とドイツの比較から—/田中洋子
    • ジェンダー平等社会と同一価値労働同一賃金—“職務”を分析する手法の多様化—/

    論文

    • 社会保障改革と両立する安定成長—アメリカ対北欧の成長方式—/丸尾直美
    • 主権者はだれか —制定10年、問われる情報公開法—/中島昭夫

    ひと・地域・くらし その[11]

    • 緊急雇用創出事業と人材育成/会田麻里子

    書評

    • 岩田正美『社会的排除—参加の欠如・不確かな帰属』/山口恵子

    新刊案内

    • 『ポスト新自由主義の世界秩序—2009年政治経済を展望する—』 生活経済政策研究所編

    生活研主催 シンポジウム案内

    • 「今なぜ労働運動か」

    生活経済政策 2009年4月号(No.147)

    明日への視角

    • 新自由主義経済政策の破綻と教育/中村 讓

    新連載 人間性の回復 [1]

    • 協力と民主主義の再生/神野直彦

    新連載 ピノッキオの眼[1]

    • 我らの同時代人 ダンテ/村上信一郎

    特集 オバマと変わるアメリカ

    • オバマ政権の政治課題/古矢 旬
    • オバマに何ができるか?—経済政策を検討する—/柴田德太郎
    • オバマ政権の環境政策はアメリカをどのように変えるか/倉阪秀史
    • オバマ政権の成立と租税政策/池上岳彦
    • オバマ政権とアメリカ労働運動/篠田 徹
    • 難題のアメリカ医療保険の再生—オバマの挑戦は成功するか—/小川正浩

    翻訳

    • オバマにとっての経済的チャンス ロバート・カットナー/訳 山本 卓
    • グローバル・ニューディール   ハロルド・メイヤーソン/訳 山本 卓

    ひと・地域・くらし その[10]

    • 地域とNPOの未来/松本美穂

    書評

    • 中北浩爾『日本労働政治の国際関係史—1945-1964 社会民主主義という選択肢』/山田陽一
      駒村康平 『大貧困社会』/田宮遊子

    生活経済政策 2009年3月号(No.146)

    明日への視角

    • 構造的内需拡大論の提唱/蛯名保彦

    連載 小さなユートピアを[12](最終回)

    • 3つの政治潮流とその行方/篠原 一

    連載 市場を絶対化する経済学 第12回(最終回)

    • 『資本主義と自由』(M.フリードマン著)/間宮陽介

    特集 座談会 ポスト新自由主義のパラダイムとは

    • 杉田 敦/金子 勝/宮本太郎

    報告 生活研全国三ブロック公開シンポジウム

    • 北部九州地域の明日を考える/佐口和郎 前田隆夫 光本伸江 吉田迪夫

    覚え書き グローバル社会民主主義&労働運動[4]

    • 中道左派のグリーン成長戦略/小川正浩

    ひと・地域・くらし その[9]

    • 定額給付金を自治的に考えよう/田口一博

    書評

    • 吉田 徹 『ミッテラン社会党の転換—社会主義から欧州統合へ』/宇野重規
    • 阿部 彩 『子どもの貧困—日本の不公平を考える』/松信ひろみ

    新刊案内

    • 『世界金融恐慌と現代資本主義』 『生活経済政策』編集委員会

    生活経済政策 2009年2月号(No.145)

    明日への視角

    • 脱成長・社会発展と連帯経済/西川 潤

    連載 小さなユートピアを[11]

    • 経済変動と政治/篠原 一

    連載 市場主義を相対化する経済学 第11回

    • 『資本論』(K.マルクス著)/間宮陽介

    特集 2009年度政府予算の分析と課題

    • 総論 「生活重視」への政策転換なき景気刺激型予算/町田俊彦
    • 各論I 景気対策減税一色の2009年度税制改正/町田俊彦
    • 各論II 景気刺激型予算で膨張する国債と累積債務/江川雅司
    • 各論III 安定財源なき基礎年金国庫負担割合引上げと社会保障関係予算/吉岡成子
    • 各論IV 不透明な公共事業費と主要経費の動向/兼村高文
    • 各論V 景気刺激の財政投融資と埋蔵金供出の特別会計/浅羽隆史
    • 各論VI 地方財政対策は危機と向きあえるか/星野 泉

    ひと・地域・くらし その[8]

    • 衆議院解散と自治体選挙/堀内 匠

    新刊案内

    • 『世界金融恐慌と現代資本主義』 『生活経済政策』編集委員会編

    生活経済政策 2009年1月号(No.144)

    明日への視角

    • 環境問題へ世代責任果たす/加藤友康

    特集 増税のすすめ—「高福祉・高負担」社会への道

    • 増税の必要性と意義を考える/神野直彦
    • 嫌税の政治学/新川敏光
    • スウェーデンはいかにして高福祉・高負担社会になったのか/渡辺博

    論文

    • オバマ大統領と変革の政策課題—その方向性と可能性—/砂田一郎
    • グローバル金融危機と現代資本主義の「グローバル資本主義」化/河村哲二

    連載 小さなユートピアを[10]

    • 政権交代とポスト新自由主義/篠原 一

    連載 市場主義を相対化する経済学 第10回

    • 『ホモ・ルーデンス』(ホイジンガ著)/間宮陽介

    ひと・地域・くらし その[7]

    • 迷走した定額給付金/大門正彦

    覚え書き グローバル社会民主主義&労働運動[3]

    • オバマのグリーン・ニューディール/21世紀社会民主主義研究会

    書評

    • 宮本太郎著 『福祉政治—日本の生活保障とデモクラシー』/水島治郎