月刊誌紹介

月刊誌紹介
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年

2023年の「生活経済政策」のご案内(No.312~

生活経済政策 2023年2月号(No.313)

明日への視角

  • カリスマなき指導者の時代に生きる私たち/村上信一郎

特集 2023年度 政府予算の分析と課題

  • [総論]安全保障政策の大転換と防衛関係費の膨張/町田俊彦
  • [各論Ⅰ] NISA拡充・恒久化が目玉の23年度税制改正と防衛財源確保のための税制措置/片桐正俊
  • [各論Ⅱ]「新規公債発行と財政投融資計画」継続減額の意味/江川雅司
  • [各論Ⅲ]増額補正不可避の公共事業関係費/浅羽隆史
  • [各論Ⅳ]防衛費増額の陰に隠れた社会保障予算/寺澤泰大
  • [各論Ⅴ]危機対策としての地方財政対策/星野泉
  • [特論]防衛費と増税を巡る議論の迷走 — 税制調査会の影響力/兼村高文

新連載 社会的投資と福祉国家のゆくえ[1]

  • 福祉国家と危機の再考/濵田江里子

書評

  • 篠田徹・上林陽治編著『格差に挑む自治体労働政策』/大門正彦

生活経済政策 2023年1月号(No.312)

明日への視角

  • 「帝国」の郷愁から脱する外交を/三浦まり

特集 住宅保障のあり方

  • はじめに/伊集守直
  • 「老朽化」する公的住宅保障 — 「分断下」における日本の住宅政策の一断面/木村佳弘
  • アメリカの住宅保障と政府間財政関係 — なぜ公営住宅の供給が少ないのか?/関口智
  • ハンブルクにおける住宅政策上の挑戦と課題 — 住宅政策の残余化と分権化に対抗する動きに着目して/嶋田崇治
  • ウェーデンの住宅保障 — ノーマライゼーションの理念と課題/伊集守直

新連載 現代国家における財政の機能[1]

  • 地域産業と財政調整/佐藤一光

書評

  • 首藤若菜著『雇用か賃金か 日本の選択』/森周子