月刊誌紹介
月刊誌紹介
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年
明日への視角

「コンクリから人へ」「人からコンクリへ」―震災復興の基底を見る―

大内秀明(東北大学名誉教授)

 民主党のマニフェスト「コンクリから人へ」が、自民大勝で「人からコンクリへ」大逆転、公共事業の予算額の大幅増額である。しかし、こんな政治の「お遊び」は、震災復興の遅れに苛立つ災害現場から見れば、政治不信を増幅するだけだ。復興の前に「コンクリートも人も」深刻な不足に喘いでいる現実が眼に入らないのか?

 震災後2年を前に、復興庁は「避難者は、ほとんどが仮設住宅等に入居済み」の報告を出した。「直後に約45万人に上った避難者は、現時点で約32万1千人。仮設住宅や借り上げた民間住宅等への入居が進んだため、避難所は1ヶ所(159人)に減少」残る課題は、コミュニティの弱体化、「孤立防止と心のケア」への支援強化だそうである。

 避難所に159人もいる。プレハブの仮設住宅に被災者の72%、32万人もいる。仙台市内の仮設住宅を何度も訪れたが、あくまでも仮設、とても1年2年と長期に住める所ではない。仮設の「仮住まい」だから、定住のコミュニティは出来ないし、孤立で精神状態が狂ってくる。病理や心理の前に、政治や行政、経済の責任が問われないのか?

 復興庁は「主要ライフライン・公共サービスの応急復旧は、速やかに完了」と誇らしげにアピールしている。宮城県沖地震、阪神・淡路大震災、今度の震災も、主要ライフライン、公共サービスが優先・先行で、民間は仮設のプレハブに取り残される。まさに「官尊民卑」型復興路線だが、仮設の被災住民が利用できない「主要ライフライン・公共インフラ」は、誰のため、何のためなのか?

 「官尊民卑」型復興は、「人からコンクリへ」の公共事業バラマキで、復興資材と人材の不足と値上がりを招き、復興は破綻に追い込まれた。資材不足と値上がりの代表が生コンクリートである。コンクリが無く、さらに職人・技能者の人材が確保できなければ、復興は進まない。深刻な職人・技能者の不足は、単なる短期のミスマッチなどではない。深刻な構造的問題である。

 日本型経営を支えた終身雇用は、すでに崩壊している。非正規雇用が増大、建設業の多元重層下請けの下では、職人・技能者は「一人親方」の名の個人請負に変わっている。この個人請負が、派遣型雇用の見直しの中で、他業種に拡大すれば、最早や近代的な「労働力商品」の賃金雇用ではない。労働運動、そして日本資本主義の根底が揺さぶられている。生活研の課題も大きい。

生活経済政策2013年5月号掲載