月刊誌紹介
月刊誌紹介
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年
明日への視角

政党トップを男女共同代表制に

住沢博紀【日本女子大学名誉教授】

 「元気のない日本」という事でいつも引き合いに出されるのは、「世界経済フォーラム(ダボス会議)」のグローバル・ジェンダー・ギャップ報告である。女性が活躍できないことや社会的地位が低いことが、日本停滞の原因の一つとされるわけである。2020年報告書では、153カ国中120位とあるが、この順位は大事ではない。重要なことは3つの項目の男女比率を示すスコア(女性の数÷男性の数)である。議会の構成員は0.112、大臣など0.056、幹部職やマネジャー0.174とある。
 この関連で、今年2月の森喜朗東京オリンピック組織委員長(当時)の発言が注目されたことはまだ記憶に新しい。「組織委員会にも女性がいるが、みんなわきまえている」という彼の実感こそ差別の本質をとらえている。そのため「#わきまえていない女」というSNSでの発信が注目された。しかし「わきまえている女」と「わきまえていない女」という二分法の議論も建設的とは思われない。
 1980年代、ジェンダー平等がいわれたころ、大組織の理事会や政府審議会、企業の幹部職などに幾人かの女性が登用されたが、「アリバイ女性」ともいわれた。現在では「リーン・イン・フェミニズム」(体制に寄りかかる女性)として、発言力も存在感もましているようだが、日本では多くは「わきまえる女性」の地位に甘んじている。自民党の女性大臣の幾人かはその事例である。その対極は、「突出する女性」であると思う。サッチャーやヒラリー・クリントンなどが思い浮かぶ。日本でも田中真紀子元外相や小池東京都知事などがいるが、むしろ「突出したい女性」のカテゴリーに属する。
 ここで第3のカテゴリーがある。自立する女性リーダーではあるが、男性・他組織もふくめた協働性を追求するタイプである。ドイツのメルケル首相が想定できるが、保守・リベラルの連立政権であったことも関係していると思う。ドイツの緑の党は、当初から議員の男女同数、男女共同代表制を追求してきた。ハベックという男性党首はトップクラスの国民の人気があるが、この秋の選挙の首相候補には、ベアボックという女性党首を「選挙の顔」とした。多様性や変化を掲げるからである。
 立憲民主党も、蓮舫、辻元清美、大河原雅子など経験豊かな政治家が党役員になっている。彼女たちの一人が「代表代行」や「副代表」などではなく、「共同代表」となれば、立憲民主党のイメージも変わる。女性政治家の比率をあげるのは時間がかかるが、男女共同代表は党で決議でもすればすぐにできる。また他組織でも活用できる手法として、女性の低い社会的地位を変える大きなシグナルにもなる。

生活経済政策2021年6月号掲載